このページを閉じる

  • トップページ
  • >
  • 英国スターリング大学(DSDC)の「ゴールド認証」取得

株式会社東急イーライフデザインは、
2019年4月開業のサービス付き高齢者向け住宅
「クレールレジデンス横浜十日市場」において、
英国スターリング大学認知症サービス開発センター
(DementiaServices Development Centre、
以下、「DSDC」)による
「認知症にやさしいデザイン」の最高位である
『ゴールド認証』を取得いたしました。

賞状.png

DSDCのゴールド認証は、
認知症にやさしいデザインのエビデンスをベースに作成した
評価項目(全345項目)により審査をするもので、
当社においては2017年の「グランクレール世田谷中町ケアレジデンス」に続き、
2度目の受賞となります。
これは本当に嬉しいことです!
と、同時に、この賞に恥じない施設でい続ける使命も痛感しております。

この感動と、強い使命感を、スタッフ皆で心に留め置くため、
記念写真を撮影しました。

sihaininn.png
(左から、看護リーダー、支配人、介護長)

クレールレジデンス横浜十日市場は、
サービス付き高齢者向け住宅181戸(お元気な方向けのシニアフロア91戸)と、
(介護が必要な方向けのケアフロア90戸)
及び横浜市高齢者向け優良賃貸住宅等32戸から構成されております。

YT_外観_002_s.jpg

ケアフロアでは 、設計段階からDSDCと業務提携を行い、
認知症にやさしいデザインを建築に取り入れました。

例えば、壁、扉、床、テーブルの色のコントラストを大きくすることで
物の位置を把握しやすくし、
反対に、ひと続きの床には色差をつけないことで
転倒の危険性を削減しました。

YT_4F_ケアレジデンス_共用スペース_001_s.jpg

また、各階によって色のイメージを変えるほか、
共用部分のリビングダイニング方向へは暖色の壁紙、
各住戸へ戻る方向には寒色の壁紙を配置し、
向かう方向が感覚的に分かるように施しました。

YT_4F_ケアレジデンス_共用スペース_010_s.jpg

YT_4F_ケアレジデンス_共用スペース_007_s.jpg

開業前には英国よりDSDCのレスリー・パーマー氏
(主席建築士、デザインサービス部門長)と
リンダ・ハットン氏(学習・育成部門スタッフ)をお招きし、
ワークショップを開催。
このワークショップでの貴重な体験や学びにより、
実際に従事する介護士や看護師が
認知症デザイン・コンセプトや
認知症パーソン・センタード・ケアに関する知識を習得しました。

今後も、ハード・ソフトの双方から、
ご入居者が過ごしやすい、やさしい住まいを提供してまいります。

投稿者: クレールレジデンス横浜十日市場 2019年10月22日 14:39 |

レールレジデンス横浜十日市場

このページを閉じる