グランクレール青葉台二丁目

大人の塗り絵

2019.04.28

メインイメージ
グランクレール青葉台二丁目では、毎月第四日曜日に約20名のメンバーが集まって「大人の塗り絵」を愉しむ、ご入居者主体の活動が行われています。世話人は中島博子様と信澤健夫様のお二人。絵葉書タイプの市販教材を使用し、完成した作品は、参加者それぞれ家族や友人に送ったり、部屋に飾ったりしているそうです。

線画に色をつけるだけの塗り絵は、デッサンから勉強しなくてはならない絵画よりも簡単に愉しめ、指先を繊細に動かすため脳の活性化にも効果的だと言われています。「見本と同じ色にできなくてね」などと和やかに話しながら、皆さん真剣な表情で取り組んでいます。
写真
写真
「遠くは薄く、手前を濃くすると遠近感が出るよ」と、絵画経験のある世話人から技法のアドバイスをもらいながら確実に上達。昨年は作品を合同文化祭に出品し、多くの人から「上手だね」「頑張っているね」と評価されることで、一段と積極的になられたそうです。

現在は静物画から一歩進んで風景画や仏像画などに挑戦している方も。今年の文化祭では、よりステップアップした作品が見られそうです。

※イベントの参加には別途費用がかかる場合があります。