グランクレール成城

成城ヴォイス

2019.05.11

メインイメージ
グランクレール成城の「成城ヴォイス」。ピアニストの安部当麻子先生の指導のもと、毎月1回、みんなで愉しく歌う合唱イベントです。まずは、先生のピアノ伴奏に合わせて立ち上がり、発声練習からスタート。

前半は『茶摘み』『夏は来ぬ』など季節の歌を次々に歌います。「ここで間を空けましょう」「翼が広がるように伸ばして」などと、リズムの取り方や歌詞のつなぎなどに気をつけながら質を高めていきます。
写真
写真
後半は、ベートーヴェンの『交響曲第九番 歓喜の歌』のドイツ語歌詞にも挑戦。「クリスマスコンサートではドイツ語で〝第九〞を発表したい」というご入居者からの希望によって選曲されました。ドイツ語に特徴的な二重母音などに苦労しながらも、段階的に難しい箇所を繰り返し何度も練習することで、徐々に全員の歌声がきれいにそろってきました。

たっぷり1時間半、歌い続ける体力は相当のもの。それでも「先生、ここをもう一度お願いします」などと、目標に向けて意欲的に歌と向き合う姿が印象的でした。「成城ヴォイスらしい〝第九〞」の完成が楽しみです。

※イベントの参加には別途費用がかかる場合があります。