開催中の見学会・セミナー
住宅個別見学お申し込み

グランクレールあざみ野

合唱の会

2019.11.07

メインイメージ
気持ちを込めて響かせる美しいハーモニー
グランクレールあざみ野で行われている「合唱の会」。15名の有志が集まって、毎年6月と12月の発表会を目標に混声合唱を愉しんでいます。指導するのは、プロのオペラ歌手としてご活躍中の米谷朋子先生。東京藝術大学の学生時代から10年以上のお付き合いです。

まず、立ち上がって体をほぐし、発声練習から始めます。最高齢は94歳というメンバーの皆さまが、おなかからしっかり響く声を出し、最近では音域も広がってきているというから驚きます。
写真
写真
『聖者の行進』『川の流れのように』など発表会で歌う曲目は、音程のつかみ方から、ほかのパートとのハーモニー、気持ちを込めて歌う表現まで、時間をかけて丁寧に磨いていきます。

「この音は狭い階段を降りるように繊細に」などと注意点が明確で、それを実践すると一段ときれいな歌声に変わります。幹事のお一人は「声を出すとすっきりして元気をいただきます」と語ってくださいました。「できるだけ長く歌い続けたい」、そんな想いが歌声から伝わってきました。