※完成予想CG

介護が必要な方のための
「介護住宅」

日常的に介護が必要な方のために、24時間365日の手厚いサポート体制を整えています。
運河に面したリビング・ダイニングは開放感のある心地よい空間に。
食事時だけでなく、憩いの場としてもご利用いただけます。

※介護住宅リビング・ダイニング完成予想CG

認知症の方も暮らしやすい環境を
活用した介護

東急不動産株式会社は、英国スターリング大学認知症サービス開発センター(Dementia Services Development Centre(以下:DSDC))と業務提携を行い、「グランクレール世田谷中町 ケアレジデンス」「クレールレジデンス横浜十日市場ケアフロア」にて、「認知症にやさしいデザイン※1」のコンセプトに沿った内装デザイン及び家具を配置しています。両住宅での経験を活かし、本住宅の内装等に入居者の転倒防止等に配慮したデザインを取り入れる予定です※2

  • ※1 DSDCの考える認知症にやさしいデザインは、転倒の危険性や、混乱や不安等をもたらす要素を軽減することで、ご入居者の自立を促すことを目指すものです。
  • ※2 本住宅の内装デザイン等は、DSDCの認証・監修を受けておりません。
  • ※イメージ

  • 昔の思い出を感じさせる談話コーナー
  • ※イメージ

  • 機能と暮らしやすさを備えた居室
  • ※イメージ

  • 認知症の方にもわかりやすいデザイン
  • ※イメージ

  • ご家族との信頼関係構築に
    向けた取り組み

    ケアマネジャーが日々ご入居者と関わり、スタッフと連携を図りながら実情に即したケアプランを作成します。またケアマネジャーが窓口となり、ご様子等についてご家族とこまめにご報告を行い、都度コミュニケーションをとりながら、より良い介護につなげてまいります。
  • ※イメージ

  • 順天堂大学との連携による
    看護・介護の質向上に向けた取り組み

    医療看護学研究科や保健看護学部との連携によって、自立支援介護・認知症ケア・転倒予防の取り組みを推進しています。また、介護住宅における栄養、運動、認知症、服薬状況、生活機能などの現状を調査し、多職種連携による栄養改善アプローチを実施。転倒・服薬のリスクマネジメントなどの具体的な課題改善に取り組んでいます。

各種お申し込みはこちら
数分でご入力いただけます。
お気軽にお申し込みください。

※イメージ

お問い合わせ「グランクレール芝浦」

0120-109-632
受付時間
10:00~17:00