※土地:賃借(定期借地権
(期間:2054年1月末まで(解体期間含む)))

開放感あふれる空間で
四季を感じて、いつまでも自分らしく。

「グランクレールあざみ野」は、
あざみ野の低層住宅街に建つ、グランクレール1号住宅です。
ゆとりある開放的な居住空間や多彩な共用部分、
健康維持を支えるイベントのほか、
安心・安全と共に人生を愉しむための様々なサポートをご提供いたします。
新しいステージで、新しい自分を発見してみませんか。

  • 藤が丘駅南口より徒歩2分(約120m)の好立地
  • 天然温泉とロコモ予防運動や多様なイベント参加で心と体の健康を増進!
  • 安心の医療体制が健やかな日々をサポート
  • 01

    閑静な低層住宅街で
    四季を感じられる住環境

    閑静な低層住宅街の美しい桜並木に隣接しており、季節が間近に感じられます。周辺には高い建物がないため開放感があり、広い中庭を囲むように建つ建物内は、どこからでも四季折々の花や草木を眺めることができます。「あざみ野」駅から徒歩12分(約960m)。路線バス便が多く、送迎サービスもあるため買い物や外出も便利です。※現地からの距離は、1分=80mとして算出しています。

  • 02

    新鮮な暮らしを彩る
    広々とした共用部

    中庭に面した自慢のダイニングテラス、大浴場、多目的ホールや娯楽室など、新しい出会いやコミュニケーションを育む共用スペースが広く、充実しています。イベントに参加することで自分の個性を再発見したり、才能に気づいたりと、年齢を重ねても新鮮な毎日をお過ごしください。ロコモ予防体操(※)など介護予防の取り組みにも力を入れています。※順天堂大学指導の下、科学的知見に基づくプログラムで構成された「ロコモ予防体操」を行っています。
    ※ロコモ:ロコモティブシンドロームの略。筋肉、骨、関節などの運動器の機能低下が原因で、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。

  • 03

    安心の医療体制が
    健やかな日々をサポート

    グランクレール1号住宅としての長い歴史と経験に基づく運営ノウハウを持ち、経験豊富なスタッフがご入居者の安心を守ります。生活相談員と看護師が常駐し、生活の困りごとや健康の不安を気軽に相談できるほか、協力医療機関の医師による健康相談の機会もあります(予約制)。

支配人のコメント

「2004年2月開業。グランクレールシリーズの歴史はあざみ野から始まりました。
安定した運営を続けてきた経験が私たちの財産です。桜並木の美しい邸宅街に囲まれロビーやダイニングからは、四季折々の草花が彩る中庭を楽しめます。スタッフはご入居者様お一人おひとりのライフスタイルに合ったサポートを心がけています。」

支配人 吉田 淳

  • フロントは24時間体制で緊急な体調の異変や防犯・防災に対応します。常時介護が必要となった場合は、提携介護住宅(※)に住み替えることが可能。新たに介護住宅を探す手間や不安もなく、安心してお暮らしいただけます。※原則として、「グランケアあざみ野」
    ※介護の状況によって、事業者と入居者との合意により介護住宅へ移り住む場合があります。シニア住宅から介護住宅に移り住んだ場合、シニア住宅の利用権は終了します。また、介護住宅の1人あたりの占有面積がシニア住宅の1人あたりの占有面積より減少します。
    ※住替えには審査があります。

各種お申し込みはこちら
数分でご入力いただけます。
お気軽にお申し込みください。

お問い合わせ
「グランクレールあざみ野」

045-905-5175
受付時間
9:00-17:00