• グランクレールグランクレール

    東急不動産HDグループのシニア向け住宅

GOOD DESIGN AWARD 2021年度受賞

人生100年時代、
老後のあらゆるフェーズをつなぐ

「中間介護」という新しい取り組みが評価されました

高齢者の体調は悪化したり回復したりしながら徐々に自立から介護へ移行していきます。
その境目は明確に分けられるものではなく、グラデーションのようなものです。
移行期をスムーズにサポートする光が丘パークヴィラの
「中間介護」の取り組みが2021年度のグッドデザイン賞を受賞しました。

イメージ

ご入居者にとってのポイント
  1. 自立→介護への移行の際の負担が軽減されます
  2. 健康寿命延伸の効果が期待できます
  3. 楽しみながら自立生活を維持できます
  4. 一時的な体調悪化も回復後、住み慣れた自立居室での生活が可能です
  5. お一人おひとりの状態に合わせたサービスのご利用が可能です

イメージ

イメージ

審査委員の評価 審査委員の評価

本プロジェクトにおける「自立期と介護期をつなぐ住宅」というテーマ、そしてその空間環境とオペレーションのあり方は、これからの日本における重要な課題となるものである。ここでは既存のゆとりある環境の価値を損ねることなく、増築以前の風景を引き継ぎながら機能拡充が行われ、入居者の平穏で豊かな日常を支える空間として落ち着きのある環境が生み出されている。ソフトサービスのあり方も含め、ここで生まれる生活風景と新たな知見に期待したい。

お問い合わせ「光が丘パークヴィラ」

0120-109-891
受付時間
9:00-17:00