※イメージ

少しでも長く自立した生活が
続けられる支援をいたします。

ライフニクス高井戸では、
ケアセンターを中心として介護・看護・医療サポートを行っています。
全室が特定施設入居者生活介護の指定を受けておりますので、
重介護期を迎えるまで一般居室の自室のままお暮しいただけ、
介護居室への住替えもスムーズ。

  • 院長:出口 祥子 氏
  • 一貫した介護サービス体制でサポート

    ライフニクス高井戸では、ケアセンターを中心として介護・看護・医療サポートを行っています。
    全室が特定施設入居者生活介護の指定を受けておりますので、重介護期を迎えるまで一般居室の自室のままお暮しいただけ、介護居室への住替えもスムーズ。ご入居者の安心と健康を支え続けます。

≪ライフニクス高井戸 介護居室へ移り住む場合の費用等について≫
介護の状況によって、事業者と入居者との合意により介護居室へ移り住む場合があります。一般居室から介護居室に移り住んだ場合、一般居室の利用権は終了します。また、介護居室の1人あたりの占有面積が一般居室の1人あたりの占有面積より減少します。
介護居室の家賃の支払方法は、一般居室での支払方法が前払方式の場合には、前払方式・月払方式を選択する事が出来ます。ただし、1室2人入居で、うち1人が移り住む場合は、月払方式となります。一般居室での支払方法が月払方式の場合には、介護居室での支払方式は、月払方式となります。介護居室における家賃の額は、お部屋等によって異なります。
介護居室での月額費用には、管理費、サービス費、介護サービス費、月額料金、食事基本料、食費が含まれます。その他介護居室の月額費用に含まれない追加利用料が発生するものがあります。

  • 介護体制 1.5:1の手厚く、
    きめ細やかな介護・看護体制。

    ライフニクス高井戸の介護体制は、介護保険制度の配置基準である入居者3人に対し1人の介護・看護職員に比べ、2倍にあたる1.5:1を実現。ライフコーディネーターと称する介護スタッフが、お体だけでなくお気持ちにも配慮した状況把握をご入居者それぞれに行い、ニーズに即した迅速で柔軟な対応に努めています。

  • ケアセンター

    ※イメージ

※介護体制1.5:1以上 週39時間換算で常勤介護職員27.5人(常勤25人、非常勤4人)、看護職員7.0人(常勤7人、非常勤0人)上記のうち、要介護者等対応は介護職員27.5人(常勤25人、非常勤4人)、看護職員7.0人(常勤7人、非常勤0人)、(夜勤帯20時~翌7時30分は、介護職員3人、看護職員1人配置。ただし休息等による最少時は介護職員3人、看護職員0人)(2020年4月1日現在)
※介護サービスの提供を受ける場合には、別途、特定施設入居者生活介護(介護予防含む)利用契約の締結が必要です。
また、介護保険自己負担分のほか、介護サービス費月額料金及び介護保険対象外個別介護サービス利用料をご負担いただきます。

  • デイルーム予想図

    ※イメージ

  • 「できる力」を引き出す
    生活リハビリ・個別リハビリ

    自分でできる範囲が広いことは、生きるうえでの自信・活力につながります。当住宅では、日常生活全般をリハビリの機会と捉える「生活リハビリテーション」の視点を持って、時間がかかってもできることはご自分で行っていただけるように働きかけ、見守ります。また別途、常勤の機能訓練指導員(理学療法士)によるアクティビティや個別リハビリを実施し、身体機能の維持・向上を図っています。

※機能訓練指導員にかかわる職員体制:週39時間換算で常勤1人(夜勤帯18時00分~翌9時、0人)
※特定施設入居者生活介護(介護予防含む)利用契約を締結したご入居者のみご利用いただけます。

  • 長年のノウハウを活かした
    尊厳重視の認知症ケア

    認知症の症状を深く理解しているスタッフが中心となり、お一人おひとりの心に寄り添い、自尊心を大切にしながら、日々安心して穏やかに過ごしていただけるケアを実践しています。「できる力」を引き出す自立支援介護で生活のリズムを整え、人格を尊重した細やかな個別対応で認知症に伴う多動などの周辺症状(BPSD)を緩和。人生のラストステージまで、その方らしく生活していただけるよう注力しています。

  • 個別ケア イメージ

    ※イメージ

  • 歯科診療室(ケアセンター内)

    ※イメージ

  • ご家族との信頼関係も大切に、
    より良い介護の実現を

    ケアマネジャーが日々ご入居者とかかわり、スタッフや協力医療機関などと連携しながら、実情に即したケアプランを作成します。また、ケアプラン作成時だけでなく、その後のご様子などについてご家族へこまめにご報告を行い、都度コミュニケーションをとりながら、より良い介護につなげて参ります。
    ※特定施設入居者生活介護(介護予防含む)利用契約を締結したご入居者のみご利用いただけます。

  • ライフステージに合わせ
    健康と安心をサポートするケアセンター

    住宅内にあるケアセンターは、医療・介護サービスの中心施設。介護居室と併設して、静養室、特別機械室、デイルームなどを完備しています。一般居室の方も、一時静養の場としてご利用可能。経験豊富なスタッフが、お食事やご入浴、リハビリなどを、お体の状態に応じて介助したします。
    ※特定施設入居者生活介護(介護予防含む)利用契約を締結していないご入居者は、別途、静養室介護サービス費をご負担いただきます。

  • 個別ケア イメージ

    ※デイルーム

  • 歯科診療室(ケアセンター内)

    ※健康相談室

  • 医師による週2回の健康相談と、
    看護師24時間対応が築く安心

    協力医療機関と連携し、週2回協力医療機関の医師による健康相談と年2回の定期健康診断(人間ドック)を受ける機会が設けられています。病気予防のアドバイスを行い、ご入居者の健康管理を日頃よりお手伝いいたします。また、看護師は24時間常駐し、緊急時対応のほか感染症予防などにも尽力。住宅内外のネットワークを生かし、医療面での安心を築きます。

協力
医療機関

  • 医療法人社団和光会 藤村病院

    住所:〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北4-21-20 
    電話番号:03-3337-3934 
    診療科目:内科・糖尿病内科・循環器科・呼吸器科・消化器科・外科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科・放射線科・在宅診療・人間ドック

  • 協力内容
    週1回の健康相談、日常生活の健康相談、看護指導

協力
医療機関

  • 医療法人社団藍正会 おぎくぼ正クリニック

    住所:〒167-0043 東京都杉並区上荻3-29-11 
    電話番号:03-5303-1560 
    診療科目:脳神経外科、内科、神経科の在宅診療

  • 協力内容
    週1回の健康相談、日常生活の健康相談、看護指導

協力
医療機関

  • 社会医療法人河北医療財団 河北総合病院

    住所:〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-7-3 
    電話番号:03-3339-2121 
    泌尿器科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科、消化器科、循環器科、呼吸器科、脳神経外科、皮膚科、リハビリテーション科、その他

  • 協力内容
    受診予約、年2回の人間ドッグ

協力
医療機関

  • 社団法人衛生文化協会 城西病院

    住所:〒167-0043 東京都杉並区上荻2-42-11 
    電話番号:03-3390-4166 
    内科、泌尿器科、整形外科、眼科、リハビリテーション科、その他

  • 協力内容
    受診予約、年2回の人間ドッグ
  • 生活クオリティを充実させる口腔機能の維持

    食事は楽しみのためにも、健康を維持するためにも大切な時間です。
    できるだけご自分の力で召し上がっていただけるよう、口腔機能の維持にも努めています。
    定期的な訪問診療を導入しています。
    ※特定施設入居者生活介護(介護予防含む)利用契約を締結したご入居者のみご利用いただけます。
    ※訪問歯科診療を行う場合、別途協力医療機関との契約が必要です。費用はご入居者の負担となります。

協力
医療機関

  • 医療法人社団杉友会 ABCデンタルクリニック

    〒167-0043 東京都杉並区上荻2-18-10 カテリーナ荻窪1階 
    電話番号:03-5347-4053 
    診療科目:歯科

  • 協力内容

    訪問歯科診療(要介護認定対象者)
    ※受診する場合、医療費の自己負担が必要となります。 ※訪問診療を行う場合、別途契約の締結が必要となります。
    ※要介護認定を受けている方に限ります。

各種お申し込みはこちら
数分でご入力いただけます。
お気軽にお申し込みください。

お問い合わせ
「ライフニクス高井戸」

0120-519-109
受付時間
9:00-17:00