• グランクレールグランクレール

    東急不動産HDグループのシニア向け住宅

グランクレール便り

2022年03月21日
【定例企画 第15回目】音楽ファシリテーターの多田先生をご紹介致します!

日を追うごとに春も深まり、心華やぐ季節となりました。

皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

本日は、日曜日のアクティビティとして『多田先生の歌声教室』を開催頂いている多田先生その人をご紹介致します。

101_2919.JPG


Q1. はじめに先生の経歴を教えて下さい。


A.
出身地の香川県の短期大学器楽部ピアノ科を卒業後ヤマハピアノ教室の講師をしておりました。結婚後、転勤が続く中12年ほど前に横浜に落ち着くことになりました。そのころよく家で簡単なお菓子を作っており、そのことで川崎市の特別養護老人ホームでのお菓子作り教室にスカウトされました。お菓子の焼き上がりの時間にピアノを持ち込んで一緒に歌を歌っていたところ、音楽療法の担当をも担うことになり、現場を担当しながら高齢者に特化した音楽ファシリテーターの研修を受け資格を取りました。現在は15か所の施設様を担当させていただいています。

Q2. ブログをご覧になっている方に先生の歌声教室について教えてください。高齢者向けならではのポイントなどがありましたら是非お願いします。


A.
ご高齢者の皆様は経験が豊富で人生の大先輩です。

ごく自然に感じる敬う気持ちと、湧き上がってくる親しくなりたい、理解したいと思う気持ちを大切にしたいと思っています。

伴奏の場面では、皆様が歌いやすいキーで、テンポで、話し方ではもちろんですが、私が皆様を引っ張って無理に歌っていただくような場ではなく、自然と歌いたくなる、思わず昔話がでる、楽器活動では自然とリズムを刻みたくなるような時間になればと思い、そのような言葉かけをしています。おひとりおひとりが一番心地よい時間になり、お元気な方は歌の時間がない日でも日常の楽しみにつながるようにと思っています。


Q3. 多田先生からご覧になって十日市場ケアの雰囲気はいかがでしょうか?


A.
私が印象にのこっている出来事があります。

だんだんとご自身のお気持ちを表現することが難しくなってきて笑顔が少なくなったり、会話のやり取りが少なくなって来られたかたがおられました。その方が歌の時間に私の問いにニッコリなさったり、お返事を下さっったり楽器活動を楽し気になさった回の振り返り時に、その様子をじっとご覧になっていたスタッフ様が「久しぶりにあんな表情をみられてよかった。とっても嬉しい」と

ぽろぽろと涙を流されたのです。私もスタッフさんを見てもらい泣きしそうでした。

優しいスタッフの皆様が多いことがクレールレジデンス横浜十日市場さんの特徴ではないかと思っています。

クリスマス会など季節のイベントを大切にされコロナで外出が難しい時も入居者様に楽しんでいただこうと、お忙しい中、練習の必要なハードルの高いことにもチャレンジされていらっしゃいます。

私に協力できることがありそうな場面では、気軽にお声かけくださることもフランクな皆様との関係があるように感じて嬉しく思っています。

Q4.  趣味や休日の過ごし方、プライベートで日頃から心掛けている事を教えて下さい。


A.
セッションで人気曲、そして私も好きな「蘇州夜曲」を二胡で演奏できれば喜んでもらえるのではと練習中です。軽々しくはじめましたが、人前で演奏できるレベルになかなか到達できません。そのうち、出来が良くなくても披露したくなりそうな気がしています。

もう一つコロナ禍で目覚めた趣味は園芸です。今は去年の夏に温度管理をしながら

種から育てたパンジーやビオラが次々と花を咲かせてくれて庭に出るのが楽しいです。

Q5. このブログを読んで下さっている方々へ一言お願いします。


このブログをご覧になる方の中には入居者様のご家族の方もいらっしゃるかと思います。私も両親が高齢になり認知症の父はデイサービスやショートステイにお世話になっています。父のことを理解して励ましたり、時には一緒に笑ったり、できることを見つけて教えてくださる施設の皆様に感謝しかありません。

私も自分の父に思う「こんな風な接し方をしてもらえてら嬉しいな」とか「こんなことに気が付いてくれてうれしいな」という家族の気持ちで皆様と楽しい時間をご一緒したいと思っています。

もし、ご参加者様の好きだった歌や歌手の方などご希望がありましたら教えていただけたらと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。

P1010464.JPG

多田先生、お忙しい所インタビューへのご協力と丁寧な回答、誠にありがとうございました。

今後ともクレールレジデンス横浜十日市場ご入居者・スタッフ一同、何卒よろしくお願い申し上げます。

定例企画

2022年02月27日
【定例企画 第14回目】3階ケアフロア 相馬リーダーをご紹介します!

段々と寒さが緩み、桜の開花が待ち遠しくなってまいりましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。


今回は定例企画14回目 3階ケアフロア、相馬愛美リーダーをご紹介します!

IMG_0163.JPG


Q1. はじめに経歴を教えて下さい。

福祉大学卒業後、高齢者総合福祉施設に入社し、特別老人ホームやグループホーム等の入所施設他、デイサービスや訪問介護で在宅福祉にも携わってきました。

介護員や生活相談員として10年勤め、自身のスキルアップを図りたいと一念発起し、2019年4月より東急イーライフデザインに籍を移しました。4階フロアのオープニングスタッフを経て、2020年4月から3階フロア開業と共にフロアリーダーを拝命し現在に至ります。


Q2. 相馬リーダーの業務内容を教えて下さい。


ご入居者の「私らしくを、いつまでも」をモットーに、長年住み慣れたご自宅から移り住んだ後も、安心して生活を続けられる環境づくりに努めております。

環境面だけでなく、コミュニケーションを軸とした心の寄り添いを大切にし、「ああしたい」「こうなりたい」が1つでも多く実現できるようお支えしていくことです。スタッフと意見を交わし、時にはご本人様、ご家族様のご協力も頂ながら、「良かった」「嬉しい」というお言葉がきけるようにスタッフ一丸となって取り組んでおります。

また、スタッフが働きやすい環境づくりを行うことにも励んでおります。ご入居者にとってもスタッフにとっても良い環境となるような関係づくりと調整が大切な業務になります。

IMG_0159.JPG



IMG_0161.JPG


Q3. 趣味や休日の過ごし方、プライベートで日頃から心がけている事を教えて下さい。


元々アウトドアなタイプではないのですが、このコロナ禍で更におウチ時間が増え、音楽を聴いたり映画や動画配信をみたりする機会がぐっと増えました。

スタッフからの紹介や口コミで今まで興味の無かった分野にも触れてみましたが、今ではかなりハマってしまい、新たな趣味が見つかりました。犬を飼っているので、愛犬が日々の癒しです。帰宅時に熱烈なお迎えを受けると、疲れも吹き飛んでしまいます。


Q4. 今後の目標や夢があれば教えて下さい。


まずは3階フロア満床に向け、ご入居者を迎え入れることです。

これまでの出会いも、これからの出会いも我々スタッフにとってはとても貴重なものです。ご入居者、スタッフ一人ひとりがその中で楽しみや面白さ等を見つけていけるような雰囲気づくりをしたいと思っています。


Q5.このブログを読んで下さっている方々へ一言お願いします。


クレールレジデンス横浜十日市場ケアフロアがオープンしてから約4年。試行錯誤を繰り返しながらになるとは思いますが、ご入居者、ご家族の皆様より「ここを選んで良かった」と言って頂ける住宅づくりをしてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

細やかな気配りと豊富な経験からくる的確な仕事ぶりが本当に頼りになる相馬リーダーを今回はご紹介しました!

また次回の定例企画をお楽しみに!

定例企画

2021年11月27日
【定例企画 第13回目】訪問理美容サービス『きれいや』より田口さんをご紹介します!

立冬が過ぎ、日一日と寒さが深まり鍋物が美味しい気候となってまいりました、皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。

本日は、訪問理美容サービス『きれいや』よりクレールレジデンス横浜十日市場に来館されご入居者様のヘアカットを担われている田口和子さんをご紹介致します。


IMG_0066.JPG

Q.それでは田口さんのご出身やこれまでのご経歴について伺わせて頂いてよろしいでしょうか?

A.
神奈川県横浜市の出身です。約30年の美容師歴に加え、3人の娘を育て、こういった訪問理美容歴は5年です。


.町の美容師さんと訪問理美容サービスを担われている美容師さんとの違いについて、読者の方にご紹介頂いてよろしいでしょうか?


.一般の美容師さんは来客していただいたところから施術が始まるものですが、訪問理美容は、心身の不安のある方や、入院され外出できない方々のところへ直接お伺いさせていただくお仕事です。

Q.ここクレールレジデンス横浜十日市場の様な住宅のご入居者への訪問理美容サービスを提供される上で特に重視されている事などはありますでしょうか?

A.
クレールレジデンス横浜十日市場様は理美容室のお部屋を完備されているので、ご利用者様には、まるで一般的な理美容室に来店したような雰囲気と技術をご提供できるように努めています。

IMG_0064.JPG

Q.緊急事態宣言も解除され、徐々に世の中の雰囲気も上向いてきた昨今ですが休日はどの様に過ごされてリフレッシュされていますか?


A.
宣言が介助されてもなお、衛生管理に努めなければならない職種のため、ほぼ自宅で過ごす事が多いです。ときどき同業者の友人とドライブやランチに出かけ、リフレッシュしています。


Q
.最後に当ブログをご覧になられている方々へ一言いただけますでしょうか。


A.
様々な施設様、病院様へ訪問させていただいている中、クレールレジデンス横浜十日市場様は、在駐のスタッフの皆様方が明るく迅速にお仕事をされるてる姿が印象的です。時間をかけて理美容室に足を運ばなくてもできることに、皆様大変喜んで下さっています。

田口さん、本日は貴重なお時間を頂戴し、大変丁寧且つ真摯にご回答いただきまして誠にありがとうございました。今後ともクレールレジデンス横浜十日市場ご入居者・スタッフ一同、何卒よろしくお願い申し上げます。

定例企画

2021年07月02日
【定例企画 第10回】当住宅の看護師長をご紹介します!

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今回はこのジメジメとした気候を吹き飛ばすような明るく元気な、

当住宅の妖精こと薮井美津枝(やぶいみつえ)看護師長を紹介させていただきます!

101_3920.JPG

Q1.はじめに経歴を教えて下さい。

看護師として初めて高齢者住宅に携わりましたのは、「グランクレール藤が丘ケアレジデンス」です。ケアの看護師として4年間勤務させていただきました。その後、知識向上のため一旦退職し、病院の外来で学び4年後に復職しました。その時の勤務先は「グランクレール青葉台」シニア担当看護師として約3年未満勤務。その後、新設住宅の当住宅ケア看護リーダーとして2年間赴任、本年度より看護師長となり現在に至ります。

Q2.看護師長の業務内容を教えて下さい。

主な業務は看護師一人ひとりがスムーズに動けるように、スタッフと協力しながらフロアをまとめあげることです。日々、業務についてスタッフ間の意見や希望を聞き、全体周知に努め改善可能なことは速やかに実践して改善するよう努めています。またキャリアについての相談に応じたり、医療機関との連携も欠かせない仕事です。人事面のケアや調整も看護師長の役割です。当住宅はサービス付き高齢者向け住宅ですが、定期巡回一体型訪問介護看護「ホームケア緑」が併設されており訪問看護の管理業務も行っております。

101_3914.JPG

Q3.趣味や休日の過ごし方、プライベートで日頃から心掛けている事を教えて下さい。

天気のよい日の休日は、散歩やお茶をしに出掛けるようにしています。最近は二子玉川公園や多摩川の河川敷に行くことが多いです。家にいるときの気分転換は、スポーツ観戦やアニメ(進撃の巨人・・・終わってしまいました)を観たり、ゲームや動画配信を観ることが最近は多くなりました。今後、計画中なのは富士山が見える場所でのキャンプ!今はそれが楽しみです。

Q4.今後の目標や夢があれば教えて下さい。

十日市場ケアレジデンスに90名のご入居者を迎え入れることですね(満床)。その為に、日々集中してご入居者様のニーズに答えられるように様々の事柄にトライしています。

Q5.このブログを読んで下さっている方々へ一言お願いします。

今後益々発展する十日市場地域、その中に「クレールレジデンス横浜十日市場あり」と言われる住宅を実現して参ります。今後ともよろしくお願い申し上げます。


普段から妖精のように軽やかに飛び回っている薮井看護師長、入居者さんからの信頼も厚く私たちスタッフにも多くの気遣いをして下さっています。看護師になって「うん十年」のベテラン看護師長とは思えないような、腰の低さと人当たりの良さにいつも甘えてしまっていますが、いざというときには本当に頼りになる存在です。

薮井看護師長、どうもありがとうございました!

定例企画

2021年05月20日
【定例企画 第9回目】新緑ホームケアクリニックの大地院長をご紹介します!

本日は、十日市場の地域医療と本住宅における在宅医療を担われている

医療法人社団 三喜会 新緑ホームケアクリニックの医院長「大地 哲郎先生」をご紹介致します。

大地医師写真.JPG

Q.大地先生は昭和44年に医師になられ、20年間は大学病院で癌の外科治療を中心にご活躍されていたとの事ですが、ご出身やそれまでのご経歴や、ご専門について伺わせて頂いてよろしいでしょうか?

A.生まれは東京、育ちは千葉です。昭和大学医学部を卒業し、東京女子医大第2外科に入局し、大学病院で消化器系の癌や乳がん等を専門に毎日のように手術を行い外科医としての腕を磨きました。その後、横浜新緑病院院長・鶴巻温泉病院副院長を経て現在新緑ホームケアクリニック院長をしております。

Q.大地先生は平成11年から在宅医療に携わられているとの事ですが、ここクレールレジデンス横浜十日市場の様な住宅のご入居者への訪問診察や医療支援で重視されている事などはありますでしょうか?


A.細かく厳しい日常生活や服薬の制限・管理をするのではなく、御本人にとって楽で楽しい日々を過ごせるような医療を提供していきたいと思っています。

Q. 在宅医療の現場というのは24時間・365日なかなか気の抜くことが出来ない大変な重責かと思いますが、どの様にリフレッシュされていますか?


A.趣味はゴルフや野球やスキーといった体を動かす事ですが、現在はコロナ禍ということもあり、美味しいもののお取り寄せをしたり、自ら台所に立って料理をしたり、ビールを飲みながらプロ野球観戦をするのが一番の楽しみです。

Q.最後に当ブログをご覧になられている方々へ一言いただけますでしょうか。


A.ご入居者皆様の穏やかな生活の一助となるよう努めてまいります。

大地先生、貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございました。

今後ともクレールレジデンス横浜十日市場ご入居者・スタッフ一同、何卒よろしくお願い申し上げます。

笑顔と安心を支える在宅医療 医療法人社団 三喜会

新緑ホームケアクリニック

公式サイト:https://shinmidori-hc.com/

定例企画

2021年03月25日
【定例企画 第8回目】ケア住宅4Fのケアマネージャーをご紹介致します!

花の便りが聞かれる頃となりましたが、まだまだお花見に繰り出すには躊躇われる今日この頃です。

皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。

定例企画も第8回目となる今回は当住宅開業以来4Fフロアを担当されている

谷口明子(たにぐちあきこ)ケアマネージャーをご紹介させていただきます。

谷口 明子ケアマネージャーへのインタビュー

101_3077.JPG


Q1. はじめに経歴を教えて下さい。
グランクレール藤が丘にて約6年ケアスタッフとして介護業務に携わり、

介護福祉士・認知症ケア専門士・ケアマネジャーといった資格を取得しました。

地域社会における在宅支援を学びたいと一念発起し、

相模原市内で居宅介護支援事業所を立ち上げました。

こちらも約6年に亘り管理者兼ケアマネジャーとして研鑽に励み、

その経験を携え当住宅ケアマネジャーとして皆様のお手伝いさせて頂いております。

Q2. 住宅におけるケアマネージャーの業務内容を教えて下さい。
〇一般的な居宅介護支援業務(ケアプラン作成、アセスメント、モニタリング等)

〇生活相談員としてご入居者・ご家族様からの相談や各種サービス事業者との連絡・調整

〇フロアでのイベントサポートや介護スタッフの指導・支援など

Q3. 趣味や休日の過ごし方、プライベートで日頃から心掛けている事を教えて下さい。

日帰り温泉が大好きで多い時は週2回ペースで通い、心身のリフレッシュを図っています。

またゴルフやハイキングも趣味でコロナ前はよく行っていました。

Q4. 今後の目標や夢があれば教えて下さい。
ケアマネ業務に関してですが、

ご入居者の主訴を中心にご家族様・ケアスタッフとのバランスをとりつつサービス調整を行い、

ADLだけでなくQOL(生活の楽しみ)の向上を常に目指したいと思っています。

Q5. このブログを読んで下さっている方々へ一言お願いします。
昨今、高齢者支援に関しては多様なサービスがございますが、

結局一番大切なことはご利用者・ご家族様にしっかりと心を寄せることだと思います。

こんな私ですがこれからも精一杯頑張りますので、何卒よろしくお願い致します。

101_3080.JPG


常日頃より私達ケアスタッフと共に現場に立ってくださっている谷口ケアマネージャーでした。

これからもご入居者とそのご家族様、私達ケアスタッフとを繋ぎ合わせて下さい。

この度はありがとうございました!

定例企画

2021年02月27日
【定例企画第7回目】食生活のアドバイザー伊藤栄養士を紹介します!

桃の節句も近づき、いよいよ春ですね♪

お元気でお過ごしのことと思います。

定例企画第7回目となる本日は、栄養バランスのとれた献立を考えたり、

必要な食材の発注・調理などを担当を行っている伊藤果歩栄養士にお話を伺いました。

(株)レオック 伊藤果歩栄養士へのインタビュー

100_0001.JPG

Q1. 伊藤栄養士の経歴を教えて下さい。

2018年3月 戸坂女子短期大学栄養科卒業

2018年4月 LEOC(レオック)入社、有料老人ホーム勤務

2019年4月 クレールレジデンス横浜十日市場着任

Q2. 栄養士の業務内容や一日の流れを教えて下さい。

業務内容としましては調理・事務・接客全般です。

また、週1回の身体元気メニューの献立を1から作成しております。

Q3. 栄養士のやりがいや楽しさを教えて下さい

お食事を召し上がった方々から「今日の食事も美味しかったよ!」

と言っていただくことにやりがいを感じています。

最近は現場責任者としてホールに立つ機会が少なくなってしまいましたが、

久しぶりにホールに出ると「会いたかった」「元気そうで良かった」「いつもありがとう」

とお声がけいただくこともありモチベーションに繋がっています。

Q4. 高齢者住宅でお出しするお食事で心掛けている事や気を付けている所を教えて下さい。

"献立通りでバランスが良い『かつ』美味しいと思って頂けるお食事"

栄養バランスはもちろん大切ですが、

そもそものベースとして全て召し上がって頂けての"栄養価"で作成しております。

そのためいくらバランスが良くても、美味しくなくては完食して頂けず、

献立の意味がなくなってしまうと思っています。

バランスも味も良い、クオリティの高いお食事の提供に向けスタッフ一同頑張っております。

100_0002.JPG

Q5. 今後の目標や夢があれば教えて頂けますか?

人生の夢としてはプレゼント(ギフト)できる人間であることです。

"形"ではなく話す言葉・存在・自身の影響で関わる皆さんに、

何かきっかけを与える人になりたいと思っています

Q6. 趣味や休日の過ごし方、プライベートで日頃から心掛けている事などはありますか?

気持ちに余裕を持って"人のため"を考え行動するようにしています。

私の場合人を大切にする、人の為にすることが結果自分のために思っているためです。

Q7. 最後にこのブログを読んで下さっている方々へ一言お願いします。

ブログを最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございます。

このご時世、暗いニュースが多いですが...1日1日を大切に。

1日の楽しみの1つとして、私たちの作る"食事"で関わる皆様を

笑顔に出来たらと前向きに働かせて頂いております。

1日1つでも楽しいことを見つけて過ごせるように、皆様も素敵な毎日をお過ごしください。

伊藤栄養士、これからもご入居者に喜ばれる美味しいお食事を提供して下さい。

ありがとうございました!

定例企画

2021年01月29日
【定例企画 第6回目】当住宅の介護長をご紹介致します!

凍みとおるような寒夜の続く折から、

皆様はお障りなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

今回は当住宅のケアフロアをまとめる小田智史介護長をご紹介させて頂きます。

101_2793s.jpg

Q1. はじめに経歴を教えて下さい。

福祉大学を卒業後、特別養護老人ホームで11年業務に携わり、

その後新たな環境で自身のスキルアップを図りたいと一念発起し、

東急イーライフデザインに籍を移しました。

ホームケア世田谷という在宅介護部門でサービス提供責任者、

定期巡回サービス管理者業務を学び、

192月よりクレールレジデンス横浜十日市場の介護長に着信し、現在に至ります。

Q2. 介護長の業務内容を教えて下さい。

私はクレールレジデンス横浜十日市場の目標として、

「自分の親や身内を入居させたくなるような住宅作り」を掲げています。

ご入居者の皆様やご家族様が「ここに入居することができて良かった」

と思えるように、また、スタッフが誇りと自信を持って働くことができるよう

マネジメントをしていくことが主業務となります。

Q3. 趣味や休日の過ごし方、プライベートで日頃から心掛けている事を教えて下さい。

私には4歳になる1人息子がおり、

休みの日には子供を連れて公園に行くことが日課となっています。

公園で一緒に遊ぶ息子の笑顔を見たり、成長を感じることが何よりの楽しみとなっています。

また日頃から心がけていることは、

休みの日でも生活リズムを崩さないように早寝早起きに務めていることです。

Q4. このブログを読んで下さっている方々へ一言お願いします。

クレールレジデンス横浜十日市場では東急イーライフデザインのステートメントである

【私らしくをいつまでを】の元、

Q2でも書きました【自分の親や身内を入れたくなるような住宅】にするために、

スタッフ一同業務に励んでいます。

その人らしさを大事にし、その選択がその方にとってベストな選択なのかを、

常に考えながら働くことができる心の温かいスタッフが揃っています。

このブログを読んでご興味を持たれた方は是非、

実際にご見学にいらっしゃっていただければうれしく思います。

101_2802.JPG

Q5. その他何かございましたら、お願い致します。

新型コロナウィルスによる影響で大変な状況ではありますが、

私達はできることをしっかりと着実に行い、マスク下の笑顔を絶やさず、

安心を提供していけるよう努めてまいります。

小田介護長、ありがとうございました!


我々スタッフも介護長の笑顔に負けないよう、

常に笑顔で【自分の親や身内を入れたくなるような住宅】であれるよう励んで参ります。

定例企画

2020年10月17日
【定例企画 第3回目】当住宅の副支配人をご紹介致します!

澄んだ空が高く晴れ渡るさわやかな秋となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は定例企画の第3回目という事で、当住宅の山本浩希副支配人をご紹介致します。

101_1599.JPG

Q. 経歴を教えて下さい。

A. 大学卒業後「お仏壇のはせがわ」に就職しました。お仏壇やお墓の販売を通じて、たくさんのご高齢の方々と接する機会があり、いつの間にか介護の道を志しておりました。

介護の資格を取得後すぐに、介護付有料老人ホームで介護スタッフとして働き始め、その後特別養護老人ホームで生活相談員・ケアマネジャーの経験を積み、2011年10月に東急イーライフデザインに入社しました。

約7年間、東京エリアにおける在宅部門の責任者を経て、2019年4月にクレールレジデンス横浜十日市場副支配人兼ホームケア緑所長を拝命し現在に至ります。


Q. 副支配人の業務内容を教えて下さい。

A. 特にこれといった業務はございません。

一言でいえば「なんでも屋さん」ですね。ご入居者の日々の生活を支えるケアスタッフの一員でもありつつ、ご入居者・ご家族様の相談窓口でもあります。またご入居者の生活環境、スタッフの働きやすい職場環境の整備などにも全力で取り組んでおります。



Q. 当住宅の特徴を教えて下さい。

A. 緑豊かな住環境に生まれる地域に開かれた「新しい住まい」です。

暖かい日差しがそそぐリビングダイニング、英国スターリング大学と連携した自立を促すデザイン、経験豊富なプロのスタッフがご入居者の心身状況に合わせた「私らしい生活」を支え、さらなる安心と信頼を日々提供しております。

101_1596-thumb-240xauto-4137.jpg

Q. 趣味や休日の過ごし方、プライベートで日頃から心掛けている事などはありますか?

A. インドア派でも活動的になれる「ドラクエウォーク」「ポケモンGo」といったスマホアプリを通じて、休みの日はもっぱら子供とウォーキング&外食三昧です(雨天は中止)
プライベートで心掛けていることは、「正面からの見た目だけでもあと5年!」を目標に、日々の毛根ケアに勤しんでおります(何一つ効果は得られておりませんが・・・)



Q. 今後の目標や夢があれば教えて下さい。

A. コロナ渦の影響で開業1年経たずして、当住宅の一番のコンセプトである「地域に開かれた住宅」が、入館や面会時間・共用部の利用制限、レストランの外部開放見合わせ等、まさかの「自粛モード」に移行してしまいました。

これから感染シーズンを迎える冬場に差し掛かり、これまで以上に細心の注意を払いながらの日々となります。

まずはこの非日常から脱却し、皆様の不安が少しでも軽減されること目標とし、乗り越えたその先に待っている「地域との共生」を夢見ながら、スタッフ一同チーム一丸となって、引き続き感染対策に取り組んでまいりたいと思います。

定例企画

2022年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログを検索

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

さらに過去の記事はこちら

各種お申し込みはこちら
数分でご入力いただけます。
お気軽にお申し込みください。

お問い合わせ
「クレールレジデンス横浜十日市場 ケアフロア」

0120-109-390
受付時間
9:00-17:00