グランクレール便り

2020年03月13日
光が丘の今・昔

光が丘パークヴィラでは、数年おきに専門の業者に依頼し、

「航空写真」を撮影していただき、記録に残すとともに、

パンフレットなどの広告にも利用してまいりました。



今回は、古い資料が見つかりましたので

光が丘パークヴィラの歴史と、周辺の環境の良さを感じ取っていただければと

記事にさせていただきます。

IMG143357.jpg


1984年(昭和59年)光が丘パークヴィラ建設中の航空写真です。

手前の黄色い点線で囲まれているのが光が丘パークヴィラです。


隣接している都立光が丘公園は、戦前は成増飛行場、戦後は米軍グランドハイツとして

利用され、1973年(昭和48年)に米軍グランドハイツが返還され

その跡地に造成し、1981年(昭和56年)に開園した公園です。

写真の頃は開園してまだ数年しか経っておりませんので、まだまだ樹木が少なく

寂しい感じがします。



2017.jpg


そしてこちらが2017年(平成29年)に撮影した航空写真になります。

手前に白線で囲まれているのが光が丘パークヴィラになります

1984年の写真と比較しますと、光が丘公園にたくさんの緑があふれ、

都心部にも多くの高層ビルが並ぶようになりました。

東京都練馬区の閑静な住宅街の一角。都会のオアシス「都立光が丘公園」に隣接し、

自然溢れ、野鳥の姿も見られる環境に「光が丘パークヴィラ」はあります。

今回は周辺環境の紹介のようになりましたが、今後も少しでも住宅の雰囲気や、

周辺環境を感じ取っていただけるような「グランクレール便り」に

していきたいと思います。

インフォメーション

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログを検索

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

お問い合わせ「光が丘パークヴィラ」

0120-109-891
受付時間
9:00-17:00

〈事業主〉
株式会社光ガ丘ヘルスケア
(株式会社東急イーライフデザイン100%子会社)